商材選びでまつげエクステの仕上がりがきまる

近年では、知名度も高まってきているまつげエクステ、アイラッシュサロンも増えているので、気軽に挑戦できるようになっていますが、使用する商材によって、仕上がりの美しさや持ちは大きく変わってくるもので、さらに肌トラブルのリスクにも関係してくるので、デリケートな目元に行う施術であるということを十分に意識しましょう。プロ仕様であれセルフ仕様であれ、商材はすべてネット通販で手に入れることができます。安全性を考慮して、品質の高いものを使えば、まるで自分のまつげがボリュームアップしたかのように、濃く魅惑的な目元が演出でき、その美しさを数週間も楽しめるようになります。人工毛の種類によって、どんなデザインにでも仕上げられるので、目の形に対するコンプレックスも解消できます。

グルーは刺激の少ないものがおすすめ

まつげエクステは、自分のまつ毛に人工毛を貼り付けていくので、専用の接着剤を使用します。このグルーが非常に重要なポイントで、持続力を高めるとともに、接着面の美しさを決めてしまいます。また、直接皮膚にはつかなくても、かなりギリギリの位置につけるので、肌トラブルを起こしてしまうことも多いため、できるだけ刺激成分の少ない、アレルギー反応を起こしにくいグルーを選択するようにしましょう。特にセルフで装着する場合、どうしても目が完全に閉じないので、グルーを目に近づけると沁みてしまいます。医療用や敏感肌用などは、刺激成分がカットされているので、涙が出ずに装着しやすいです。グルーは乾ききる前に水分に触れると、白濁化してしまうものが多いので、涙が出にくいものが綺麗に仕上がります。

人工毛はカールの取れにくい軽いものがベスト

まつげエクステに使用する商材の中で、グルーと同じく重要な役割を担う人工毛は、できるだけ品質の高いものを選ぶと、つけたての一番美しい状態が長く楽しめるので、メンテナンスの手間が省けるためおすすめです。人工毛にはカールがついていますが、安価な毛質だと、時間が経つにつれてそのカールが取れてしまいます。カールがないとまつげは上がって見えないので、ビューラーを使わなければいけなくなり、これは持続量低下につながります。最高品質のセーブルラッシュは、つけているのを感じさせないほど軽く、柔らかくよくしなるので、地まつ毛にぴったりと沿うように定着してくれるため取れにくくなり、美しいカールも長続きします。見た目にも上品なつやがあり、本物のまつげと見分けがつかないほど自然です。