セルフまつげエクステに便利な商材を探す

女性が憧れる、お人形のようにぱっちりとした大きな目が演出できると人気のまつげエクステ、一度体験するとあまりの変身ぶりに、やめられなくなってしまう女性も多いと言われています。最近では、自分で装着できる専用のキッドも販売されるようになっており、いつでも完璧なまつ毛でいられるようにと、トライし始めている女性も増えているようです。また、プロが使用している商材も、ネット通販で手軽に購入できるので、より品質の高い材料を集めて、レベルの高い仕上がりを目指しましょう。セルフで装着する場合には、時間がかからずにボリュームアップできる人工毛もあるので、そういったものを利用すれば、手先があまり器用でない、という方でも綺麗に装着できるでしょう。自分で付ければ、時間もコストもぐっと節約できます。

一気にボリュームアップできる束タイプ

基本的にまつげエクステは、自まつ毛一本に対して、一本人工毛を装着する、というのが普通で、より自然に仕上がると人気ですが、自分で装着する場合、かなり時間がかかるため疲れてしまう、という声も少なくありません。そんな時に便利なのが、束タイプになった人工毛で、扇状のフレアータイプは、一気にボリュームアップさせられるので、かなり簡単に装着できます。もともとまつ毛の量が少ない、という方や、一部分だけ抜けてしまって隙間がある、といった場合にも便利で、左右に人工毛が広がっているので、すき間のないふさふさまつ毛が演出できます。プロ仕様の商材屋さんでは、6本、8本、10本、など、色々なタイプの人工毛が扱われているので、できるだけスピーディにボリュームを出したいならお勧めです。

束タイプを装着する時の注意点とは

一気にふさふさまつ毛に仕上げられる、便利な束タイプの人工毛ですが、一本に比べると、どうしても自まつ毛に与える負担が強くなってしまうので、装着する毛は、できるだけしっかり太くて丈夫な毛を選びましょう。となり合う毛、二、三本とからめて装着すると、より安定はしますが、自まつ毛の生え替わりはそれぞれ違うので、生え代わりの際にグルーで固定されていると抜け落ちず、まつ毛の生え際にチクチク当たると不快感が伴います。その際には上手にピンセットで、抜け毛だけを取り去ってあげると良いでしょう。束タイプの人工毛を装着する時には、グルーが束の根元に絡んで溜まりやすくなってしまうので、しっかりとしごき、多くつけすぎないように気を付けましょう。グルーは刺激のないタイプがお勧めです。